症例ブログ

  • HOME
  • 症例ブログ
  • 今日の患者様!~走るとアキレス腱が痛くなっちゃう~

2020.09.08 今日の患者様!~走るとアキレス腱が痛くなっちゃう~

皆さんおはようございます!

残暑が厳しい日が続きますが、暑さにもコロナにも負けずに過ごしましょう!

 

今日は、最近小中学生のスポーツをやっている子供たちに多い

走るとアキレス腱付近が痛くなってしまうが、しばらくすると痛みがなくなる

という症状について書きたいと思います。

 

まずアキレス腱は何をする筋肉かというと、

下腿三頭筋(かたいさんとうきん)と言って

つま先を伸ばすための筋肉で、走るとき、ジャンプするときなどの大活躍の筋肉です!

膝の裏側~踵についています。

 

運動をしていてアキレス腱が痛くなってしまう方は、

・走り方が良くない

・足の指が使えていない

・股関節が硬い

などの要因があります。

 

アキレス腱自体に傷がついている訳ではないので、施術も、ものの数十秒で痛みが無くなってしまいます。

しかし、その後運動するとすぐ痛くなってしまうことが多いです。

なぜかというと・・・

上記の通り、使い方が良くない事が再発の要因になっているのです。

実際に走り方・ジャンプの仕方などを見てみると、

・バタバタ足音が大きい

・ジャンプの着地時の足音が大きい

・つま先が内側・外側に向きすぎている

などの傾向がみられます。

 

その動き方を修正するだけで

何という事でしょう!痛みがでなくなるではありませんか!

となります。

(症状や、原因により異なりますのでしっかり検証しましょう)

 

この様に、ケガではない身体の不調は

痛みが出ている所を施術するだけでは良くならない

事があります。

 

もちろんスポーツシーンだけではなく、日常生活の中での不調も

同じことが言えます。

 

脳に正しい身体の使い方を教えてあげれば、大抵の身体の不調は改善することが多いです。

施術をするだけで症状が改善する方もいらっしゃいますが、

繰り返し症状が出てきてしまう方は、正しい身体の使い方を覚えましょう!